単行本・アニメ

【感想】鬼滅の刃-第14巻-無一郎の無【ネタばれあり】

原作第116話~第124話を収録。

「刀鍛冶の里編」中盤から終盤の内容になります。

途中に「時透の過去」「甘露寺の過去」が挿入されています。

以下、ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

第14巻の目次とあらすじ

第116話 極悪人

上弦の肆の頚を刎ねようとする炭治郎ですが、頚は硬く刃は止まってしまいます。そして背後には別の鬼の気配が。炭治郎は「判断を誤った」と焦ります。

第117話 刀鍛冶

上弦の伍と対峙している時透は、水の膜に閉じ込められていました。霞の呼吸で技を繰り出しますが、脱出することができません。時透は自らの死を覚悟します。そのとき、時透の脳裏に遠い記憶の断片が姿を現します。

一方、刀鍛冶の鋼鐡塚は刀を研いでいました。そこに上弦の伍があらわれます。

第118話 無一郎の無

水鉢から脱出した時透は、小鉄を介抱しながら過去の記憶を思い出していました。父が死んだこと、母が死んだこと、そして兄のこと。

時透の額と両頬には、「痣」が浮かび上がっていました。

第119話 よみがえる

鋼鐡塚を襲おうとしていた上弦の伍・玉壺のもとに時透が到着。再び戦闘が始まります。

新しく受け取った日輪刀は白く染まり、時透は「しっくりくる」と前任の刀鍛冶のことも思い出します。

第120話 悪口合戦

時透と玉壺の戦いは舌戦と激戦を繰り返す熱戦となっていました。

第121話 異常事態

時透は上弦の伍・玉壺を討ち取りました。

第122話 それは一時的な興奮状態

時透は「大丈夫」「気分がいい」と言いつつも、鉄穴森さんの目の前で倒れてしまいました。

一方の炭治郎は、まだ上弦の肆・半天狗と対峙しています。あわやというとき、そこに恋柱・甘露寺蜜璃が到着しました。

第123話 甘露寺蜜璃の走馬灯

甘露寺と半天狗の戦いは高速を極めます。頚を狙う甘露寺ですが、半天狗は頚を斬っても死にません。攻撃を受けて意識を失った甘露寺は一瞬、自身の過去の走馬灯を見ます。

炭治郎と玄弥、禰豆子が甘露寺を守ります。目覚めた甘露寺がついに本気を出します。

第124話 いい加減にしろ バカタレ

甘露寺は今までのことをたくさん思い返していました。

そして、抑えていた持てる力を全て出し切る覚悟をしたとき、甘露寺の首もとに「痣」があらわれたのです。

感想

なんかもう、作者さん、片目つぶしすぎですよね。癖ですかと問いたくなります。

そして甘露寺さん。今までは柱なのに力をセーブしてたんですね。柱になって間もない、というか修行期間も含めてまだ鬼殺隊歴2年ぐらいなんですよ。炭治郎と期間で言えば大差ないです。もう痣まで発現させちゃいました。ゆえにとてつもない才能を秘めてるはず、です。

時透くんと甘露寺さんに関しては、本当に才能の塊なんだと思います。短期間で爆発的に成長しているので、他の柱たちのようにもっと長期間鍛錬を積んで経験値を貯めていくことが出来れば、どれぐらい強くなるのでしょう?

第15巻の感想へつづく

第13巻の感想へもどる