単行本・アニメ

【感想】第17巻-受け継ぐ者たち【ネタばれあり】

原作第143話~第151話を収録。

「無限城編」序盤の内容になります。

以下、ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

第17巻の目次とあらすじ

第143話 怒り

しのぶさんの回想から始まります。

補足

しのぶさんの回想シーン、涙ぐんでしまいます。この回想シーンにつづくお話は、公式スピンオフ小説『鬼滅の刃-片羽の蝶』に掲載されています。

関連記事→【感想】『鬼滅の刃-片羽の蝶』【公式スピンオフ小説2】

第144話 受け継ぐ者たち

善逸は上弦の鬼と遭遇します。

第145話 幸せの箱

補足

上弦の壱は鬼となるのに丸三日かかったそうです。稀に「鬼にならない体質」の人も存在するとのこと。

幕間でも獪岳の過去が記されています。

第146話 誇り

補足

幕間に村田さんの情報が少し書かれています。

第147話 小さな歯車

宇髄天元と煉獄槇寿郎はお館様の警護についています。鱗滝左近次も駆け付けており、禰豆子の世話をしています。

第148話 ぶつかる

猗窩座との死闘。

補足

猗窩座は喋るのが好き、と本人が喋っていた。

第149話 嫌悪感

第150話 気づき

第151話 鈴鳴りの雪月夜

炭治郎の回想から始まります。

感想

これまでの巻のテンポと比べると、この巻はゆっくり進みますね。

そして義勇さん、これだけ強い相手と戦うのは久々だったようです。たしかに、那田蜘蛛山で下弦を軽く倒して以来、刀を抜くシーン無かったですしね。

登場人物が多いからか、みんな出番少ないですね。

善逸も何だかあっさり兄弟子倒して終わっちゃいましたし。ていうか善逸あんまり出番ないですよね、かなり序盤からいる主要キャラかと思いきや、炭治郎と共闘シーンはほとんどない。

このあたりからなんだか、ストーリー的な物足りない感を感じてしまいます。はやく終わらせたかったんでしょうか?その割りに「無限城編」はすごく長いですけど。

第18巻の感想へつづく

第16巻の感想へもどる