研究・考察

【研究】竃門炭治郎

7月14日生まれ、公式年齢は15歳。

出身は東京府奥多摩郡雲取山(現・西多摩雲取山)で、好きな食べ物は「タラの芽」。趣味は「頭突き」「掃除」で、頭突きは母の葵枝(きえ)さん譲りです。

身長・体重は第1話時点で156cm・53㎏、”最終選別”通過時点で165cm・61㎏です。

当時の成人男性の平均身長が160cmぐらいですから、修行前の12~13歳時点でわりと身長高めですね(作品中では現代の身長基準で描かれてそうですが)。

赤みがかった髪と赤い瞳は、火仕事をする家では「赫灼の子(かくしゃくのこ)」と呼ばれ縁起がいいのだと、のちに刀鍛冶の鋼鐵塚(はがねづか)さんに言われています。

並外れた嗅覚の持ち主で、人の心まで「匂い」で分かってしまいます。

以降、最終話までの内容、およびファンブック等の内容を含みますので、未読の方はご注意ください。

タラの芽
タラの芽。天ぷらやおひたし・あえもので頂くことが多いです♪

炭治郎の略歴

雲取山で温かい家族に囲まれて暮らす

生まれ故郷の雲取山で、母と5人の妹・弟たちと暮らしていました。

とても優しい少年で、亡くなった父に代わり家族を支えるべく、炭を焼いては町に売りに行く生活をしていました。町での評判もよく、いろいろな頼まれごとをこなしては感謝され、可愛がられる少年でした。

竃門家には代々「耳飾り」「ヒノカミ神楽」が伝わっており、それらを継承しています。

「血の匂い」とともに不幸が襲う

ある日町へ炭を売りに行った帰り、「もう遅いから」と引き留められて、山のふもとのおじいさんの家に泊まることになりました。

翌朝、家へ戻ると、そこは血の海で、冷たくなった家族の姿がありました。

唯一まだ息があったすぐ下の妹、禰豆子を抱きかかえ、炭治郎は山を駆け下りますが、その途中で禰豆子は鬼に変貌してしまい、駆け付けた”鬼殺隊士”冨岡義勇に禰豆子は抹殺されそうになります。

ここから炭治郎は禰豆子を人間に戻すため、鬼殺の道へと入っていくのです。

優れた戦闘センス

狭霧山で2年間修行をし、「水の呼吸」を修得。10個ある型を全て身につけました。

修行を始める前からかなりの体力と戦闘センスを持っており、冨岡義勇も素質を感じ取って鱗滝さんを紹介しています。

鱗滝さんは”最終選別”に炭治郎を行かせる気はなかったので、後半の1年間は稽古をつけてくれませんでしたが、錆兎と真菰の手助けもあり、鱗滝さんの課した試練を突破。

鱗滝さんも炭治郎を認め、”最終選別”へ。見事7日間を生き延びて”隊士”となりました。

炭治郎が最終課題で斬れと言われた狭霧山の大岩。
炭治郎が最終課題で斬れと言われた狭霧山の大岩。

関連記事→【考察】鱗滝さんはどうして炭治郎を一年間自習状態にしたのか【第1巻にて】

関連記事→【考察】”最終選別”を考える

受け取った日輪刀は「黒色」に染まり、この色の剣士は「出世できない」「どの系統を学べば分からない」「柱になったものはいない」などと言われていました。でも炭治郎は鬼殺隊で出世したいという気持ちはなかったようで、禰豆子を救うことだけを考えていたようです。

「水の呼吸」と「ヒノカミ神楽」の使い分けを修得

「水の呼吸」を学んだ炭治郎でしたが、修行を重ねて強くなるほど、体質的に「水の呼吸」は合っていないと感じるようになっていきます。

戦いを通じて炭治郎は家に伝わる「ヒノカミ神楽」が剣術に応用できることに気がつき、体質的にも「ヒノカミ神楽」の呼吸を使った剣術が合っていると気が付きます。

「ヒノカミ神楽」は「日の呼吸」という「始まりの呼吸」と同じだったのです。

以降炭治郎は「水の呼吸」「日の呼吸」のふたつを使い分けながら戦うようになります。

終盤では「ヒノカミ神楽」と「雷の呼吸・霹靂一閃」をあわせた新しい技まで編み出しています。末恐ろしいですね。

常に前向きに修行に取組み結果を出していく

修行には常に前向きで、「蝶屋敷」での「全集中・常中」の訓練をはじめ、「刀鍛冶の里での稽古」では「動作予知能力」を習得、「柱稽古」では「反復動作」も習得しました。

炭治郎はあらゆる修行に、常に真面目にひたむきに取り組んでいます。

隊士によっては天才的な感覚ですぐにこれらを習得する人もいますが、炭治郎はそういうタイプではなく、地道な鍛錬と考え続ける姿勢が着実に実を結ぶタイプのようです。

そうした姿勢は周囲からも評価され、多くの人が炭治郎を手助けしてくれています。

胡蝶しのぶさんもお館様に、炭治郎の修行への取組み方や結果を好意的に報告しています(アニメ版のみの追加シーン)。

その結果、無限城の戦いでは、冨岡義勇に「柱に届くといっても過言ではない」と思わしめる実力に至っていました。隊士になってまだ一年ぐらいなので、成長速度が半端無いですね。

時間軸が少しずれていれば、たとえ序盤に十二鬼月に出会うことがなかったとしても、確実に”柱候補”に挙がっていたでしょう。

本編終了後

本編終了後は、雲取山に帰って再び炭焼きをして暮らしています。

本編終了後のお話は『公式ファンブック-鬼殺隊見聞録・弐』収録の「炭治郎の近況報告書」に掲載されています。

関連記事→【感想】『鬼滅の刃公式ファンブック鬼殺隊見聞録・弐』

炭治郎の”義勇さん”呼びはいつから?

”柱稽古”が始まるころ、炭治郎はお館様からの手紙を受けて、義勇さんのもとへと赴きます。

そのときにはとても親しげな様子で、呼び方も”義勇さん”となっていました。

本編では炭治郎と義勇さんのからみは那田蜘蛛山以来で、いつの間にこんなに親しそうな関係になったのか不明のままです。

検証1:アニメ版で「蝶屋敷」を出発するとき

アニメ版だけの追加シーンで、炭治郎たちが「蝶屋敷」での機能回復訓練を終えてから「無限列車」に向かうとき、義勇さんは炭治郎に言葉をかけに来てくれました。

そのときは、炭治郎はまだ「冨岡さん」と呼んでいました。

検証2:「遊郭編」で炭治郎が自らの水の呼吸について考えるシーン

単行本第9巻で堕姫に刀の刃こぼれを指摘され、炭治郎は自らの「呼吸の適性」について考えています。

そのときに同じ「水の呼吸」を使う「鱗滝さん」「冨岡さん」のことを名字で考えているので、この時点でもまだ「義勇さん」とは呼んでいません。

検証3:「柱稽古」が始まる頃

この頃にはもう「義勇さん」と呼んでいます。義勇さんの方も割と炭治郎と話すのに慣れている感じがします。

「遊郭編」から「柱稽古」までには「療養期間」「刀鍛冶の里編」を含めて3か月ほどあると考えられるので、この間に何度か会っていることが想像できます。

またお館様もわざわざ炭治郎に手紙で義勇さんに会うようお願いをしていることから、ふたりがそれなりに親しいと認識していたのでしょう。

もしかしたら、義勇さんは「蝶屋敷」へお見舞いに来てくれたのかも知れませんね。

描かれていないことがたくさんある

「刀鍛冶の里」では炭治郎は甘露寺さんとも既に面識がある様子で、不死川さんの名前も知っており、時透くんの名前もしのぶさんから聞いていた描写があります。

「蝶屋敷」にいる間に、しのぶさんや書かれていない任務を通して、いろんな出会いや出来事があったことが分かります。

胡蝶カナエさんとの共通点

炭治郎は「鬼は悲しい生き物」「悲しみの連鎖を断ち切る」など、その発言が元”花柱”である胡蝶カナエさんとかぶります。

カナエさんの口からこうした言葉を聞いたことがある人は、炭治郎にカナエさんを重ねてしまったかもしれません。

カナエさんは本編ではほとんど登場しませんが、公式スピンオフ小説『鬼滅の刃-片羽の蝶』第1話や『鬼滅の刃-風の道しるべ』第1話で、在りし日の姿が描かれています。

どちらも優しい人柄で妹を持つ身。もし出会っていれば、とても気があっていたと思います。禰豆子のこともきっと可愛がり守ってくれたでしょう。

関連記事→【感想】『鬼滅の刃-片羽の蝶』【公式スピンオフ小説2】

関連記事→【感想】『鬼滅の刃-風の道しるべ』【公式スピンオフ小説3】

公式サイトによる「いい兄さん(1123)の日」炭治郎デジタルコンテンツはこちら→https://kimetsu.com/anime/risshihen/news/?id=52476

公式サイトスペシャルページはこちら→https://kimetsu.com/anime/special/

関連記事→竃門炭治郎さま、お誕生日おめでとうございます

関連記事→【フレグランス】「鬼滅の刃」キャラクターをイメージした香水【primaniacsさん】