研究・考察

【研究】我妻善逸【霹靂一閃】

「雷の呼吸」の使い手、我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)。公式年齢は16歳。

9月3日生まれで、出身地は東京府牛込区(現・新宿区牛込)です。

公式スピンオフ小説『鬼滅の刃 しあわせの花』によると、白詰草の冠をつくるのが昔から上手だったそうです。

公式プロフィールまとめ

  • 年齢:16歳
  • 誕生日:9月3日
  • 出身地:東京府牛込区(現・新宿区牛込)
  • 身長:164.5cm
  • 体重:58㎏
  • 趣味:花札、双六
  • 好きなもの:甘いものや高いもの(うなぎなど)
  • 呼吸:雷の呼吸
  • 階級:癸(みずのと)→庚(かのえ)→丙(ひのえ)

CVは下野紘(しもの・ひろ)さん。『鬼滅ラヂオ』によると、下野さんは「汚い高音選手権」を制して善逸役をゲットしました。

以降、最終話までの内容及びファンブック等の内容を含みますので、未読の方はご注意ください。

善逸の生まれと性格

身寄りがなかった善逸

詳細は不明ながら、善逸には身寄りがありませんでした。

作中で実の家族に触れられていないのは、主要なキャラのうちでは善逸だけです。

「捨て子」だった伊之助が身の上話をした際には、「きっと事情があったんだろ」「本当に捨て子ならおくるみに名前を書いたりしない」「俺みたいにな」と述べています。

このことから、善逸は名前も付けられずに捨てられた捨て子だった、のではないかと考えられます。でも特に自分の身の上を恨んでいるという感じではありません。

明治~大正時代は都市化が進むとともにスラム街も多く形成され、捨て子も多かった時代です。

誰が善逸に名前を付け、大きくなるまでどうやって育ったか、というのは作中では一切描かれていません。

過去にとらわれない性格

怖がりで常に絶叫しているイメージが強い善逸ですが、自分自身を含め、人それぞれの生まれ育ちに関しては、善逸はどこか冷めていて興味や関心を持たず、悟っているような印象を受けます。

過去よりも、今現在のその人の有り様を重視している、のではないでしょうか。

怖がりですが根は常に前向きで、生まれや過去にとらわれない性格をしている、と言えます。意外ですが、精神面はかなり強そうです。

アニメ版「遊郭編」第2話での違和感あるシーンから生まれを考察

アニメ版「遊郭編」第2話では、宇髄天元によって人力車で遊郭の下見に連れていかれます。

宇髄さんに「車から降りるなよ」と言われているにも関わらず、善逸は何かに誘われるように車を降り、ふらふらと郭内を彷徨い始めます。

女の子大好きな善逸ですが、このときは女の子がたくさんいるから浮かれているという感じではなく、まるで自分の知らない何かを探しているように見えました。

善逸は耳が良いので、遊女たちの「悲しい音」が聞こえていたのでしょうか?その可能性もありますが、わたしは「善逸はこの場所を知っているのではないか」と感じました。

ただ、それを自分でもはっきりとは覚えていない。でも何故か知っている。

もしかしたら善逸は遊郭、もしくは似たような花街で生まれたのかもしれないと思います。

遊郭や花街では、たまに子供が生まれると、多くは養子に出されます(※生まれる前か直後に殺されてしまう場合がほとんどです)。

女の子なら将来の遊女として育てられる場合や、男の子なら妓夫という働き手として育てられる場合もありますが、母親のもとで育つことは稀です。正確な父親も不明なことがほとんどです。

善逸もそうして遊郭で生まれ、幼いうちに遊郭から出されたのかもしれないと思います。

それでも善逸には遊郭の灯りや音といったかすかな記憶が残っていて、無意識にふらふらと記憶をたぐるように遊郭内を彷徨い始めてしまったのではないでしょうか。

「牛込」という出身地から

牛込の近くには当時スラム街もありましたが、大正時代に隆盛を誇った花街の神楽坂もありました。

生まれた地域を考えると、母親は神楽坂で働く芸者さんや下働きの女性だった可能性も見えてきますね。

善逸が琴や三味線に才能を見せたのも、生まれる前から身近にあったものだからかもしれません。

14~15歳ごろ、借金のかたに育手のもとへ

耳がとてもよく、相手の心音や考えていることまで分かってしまう能力の持ち主です。

でも自分が信じたいものを信じる傾向があるので、よく人(特に女性)に騙されました。

それで借金を背負ってしまい、その借金を肩代わりしてくれたのが、育手である元”鳴柱”桑島慈悟郎です。借金を肩代わりしてもらったかわりに、”鬼殺隊士”の修行に入ることになります。

ただ才能はたしかにあったみたい。それを見抜いた桑島さんすごい。

ちなみに鬼滅の刃公式ファンブック『鬼殺隊見聞録 』によると、借金の額は、現在の額でいうと60万円ぐらいだそうです。

元・鳴柱の桑島さんにとっては大した額ではなかったかも?

参考までに言うと、”癸”の隊士の給料は現在の額で20万円ぐらいです。

公式スピンオフ小説『鬼滅の刃-しあわせの花』第2話では、修行中にあった善逸のエピソードも描かれています。

修業時代の回想や夢では「白詰草」の他に、「桃」の木もよく一緒に描かれています。

「最終選別」で最初からぼろぼろだった理由

藤襲山で行われる鬼殺隊士となるための「最終選別」。始まる前に集合した時点で、善逸はすでにぼろぼろでした。

これは「最終選別」に行くのを善逸が嫌がったため、師匠の桑島さんがビンタしたからだそうです。

それでもやっぱりしっかり合格してしまう善逸でした。

「ヘタレ」だが「心は強い」という二面性を持つ

最初はとにかくヘタレキャラ。本編終了後もとんでもないヘタレキャラです。

が、誰かを守るための「心の強さ」だけは常に持ち続けているキャラでもあります。

「鼓屋敷」で炭治郎を信じて禰豆子の入った箱を怪我もいとわず守り続けたシーンは、たしかにかっこいいと思いました。数少ない、わたしが善逸を「かっこいいじゃん」と思ったシーンです。

その後箱から出てきた禰豆子にはひとめぼれした模様。

禰豆子が「鬼」であるという事実も気にせず、炭治郎の「優しい音」を信じて彼らを守り抜くことが出来る善逸は、「優しさ」だけではない「心の強さ」も持っています。

「遊郭編」でも、女の子を怪我させた上弦の鬼に対してひるまず「謝れ」と言い切りました。

「やさしさは人の心をどこまでも強靭にする」

師である桑島慈悟郎は、公式スピンオフ小説『鬼滅の刃-しあわせの花』第2話で善逸に、「いい剣士」とは何かを説いています。

「誰かの為に振るう刃」は何よりも強く、「弱さ」を知り「やさしさ」を持つ善逸こそ、弱きものの心に寄り添ってその盾になることが出来るのだ、と桑島さんは善逸に説いています。

善逸も桑島さんを尊敬し憧れている描写があります。善逸が鬼殺隊を続けていくことができたのも、この「誰かの為に」という思いと、師への憧れがあるからこそだったのでしょう。

煉獄杏寿郎との共通点

また表現こそ違えど、「弱さ」を認めて「やさしさ」を持ち、「誰かの為に」戦うという考え方は、”炎柱”煉獄杏寿郎さんの目指した剣士像ともつながっています。

また隊士になるにあたって、どちらも鬼に個人的な恨みを持っているわけでもありません。

ふたりとも鬼と対峙するにあたっては、「鬼に対する怒りや憎しみ」よりも、「誰かの為に役立ちたい」という動機が先にきているのではないでしょうか。

そして杏寿郎さんも善逸も、口数は多いわりに「心の奥底にあるもの」は人に語っていません。

意外に二人は似たタイプで、もし善逸が年齢を重ねて”柱”になっていたら、杏寿郎さんのように後輩の面倒をよく見て親しみやすさもある「理想の”柱”」をやっていたかもしれないですね。

実は”柱”に向いている?

「かまぼこ隊」や「同期組」のなかではもっともヘタレキャラでお笑い担当になることが多い善逸。

でも実は5人のなかでは竈門炭治郎や栗花落カナヲと並んで、”柱”に向いている人物と言えます。

炭治郎もしのぶさんも認めていた序盤での実力

修行中「雷の呼吸」の技のうち基本の型しか習得できなかったとされる善逸。

しかし、鼓屋敷では炭治郎が「善逸は強い」と感じ、那田蜘蛛山では胡蝶しのぶに「上手く呼吸で毒の巡りを遅らせている」とほめられています。

このあたりは隊士になって間もない頃です。さらに善逸の修行期間は1年(炭治郎は2年修行した)とされていることから、呼吸術に関しては炭治郎よりも早く使いこなせるようになっているようです。

公式スピンオフ小説『鬼滅の刃-しあわせの花』第2話では、まだ修行中にも関わらず異形の鬼の頚を斬っていますし(※ちゃんと日輪刀で斬ったの?という疑問は残りますが)。

「全集中・常中」も「蝶屋敷」で短期間で習得しており、まさしく「やればできる子」なのです。

戦績だけみたら実に優秀

鼓屋敷ではちゃんと子供を守って脱出させ、鬼も倒しています。

那田蜘蛛山では、先輩隊士たちが敵わなかった蜘蛛鬼を倒しています。そのため蜘蛛化の進行も遅らせることができ、自身も呼吸で毒を制御しながら胡蝶しのぶの到着を待つことが出来ました。

無限列車では炎柱の指示に従って車両と乗客たちを守り切っています。狭い列車内での正確で素早い太刀筋は、たしかな実力を持っているとみんな認めるものでしょう。

遊郭では仲間と連携をとりつつ、正確な判断で堕姫を引きつけて追い詰め、音柱の負担を減らし、伊之助といっしょに頚を斬りました。

と、前半部分だけを見ても善逸は実に優秀な戦いぶりをみせています。怪我も少なめですし、日輪刀もいちども折っていません。寝てますけどね。

「情」には厚いが「情」にとらわれることはない

いつもうるさく泣き叫んで女子を追いかけているイメージの善逸ですが、どこか冷めているところがあるように思います。

「無限列車編」で出てきた善逸の無意識領域は真っ暗で重く、光が差していませんでした。炭治郎とは正反対です。「精神の核」を見ることは出来ませんでしたが、ちょっと見てみたいですよね。

「無限城の戦い」では情にとらわれることなく、倒すべき上弦を新しく生み出した自らの技で撃破しました。

炭治郎が鬼となってしまった際には、対峙した伊之助は思い出が蘇って泣いてしまい炭治郎を斬ることができませんでした。でももし善逸が対峙することになっていたら、間違いなく炭治郎を斬ったと思います。

「心の優しさ」を持ちつつも大局を判断して「情」にとらわれず行動できる善逸の性格は、”柱”のなかにひとりはいないといけない存在なのではないでしょうか。

本編終了後

本編終了後は、炭治郎たちとともに雲取山で暮らし始めました。問題は大ありで、さすがの炭治郎にも注意されたりしていますが。

禰豆子に対する不死川実弥や冨岡義勇の行動を目撃してからは彼らを敵認定し、禰豆子と仲良くしてる伊之助にさえ嫉妬するほど禰豆子が大好きみたい。

めんどくさい男です。

でもこれは、嫌われていないという確信が欲しいから構ってもらうための行動をしている、ともとれます。

善逸の心の考察

ひとりぼっちだった善逸

育手となる桑島さんに出会い鬼殺隊に入るまで、おそらく善逸には心から信用できるひとがおらず、ひとりぼっちだったのだろうと思います。

「鬼殺隊」に入って

鬼殺隊と出会って初めて、信頼できる大切な「家族」「友人」「仲間」が出来たのだろうと想像できます。

そして、「誰かの為に」戦うことで「自分が役に立っている」という実感を持つことができ、「感謝される」という喜びも知り、鬼と遭遇することは恐ろしいと思いつつも、鬼殺隊が善逸の「居場所」になっていきました。

「鬼殺隊」解散後

でも鬼殺隊が解散したことで、刀を握ることもなくなりました。

善逸は再び自分の居場所や自分自身の価値をどこに置いたらいいかが分からなくなり、みんなとの距離感がつかめなくなってしまったのだと思います。

禰豆子に構ってもらおうとしたり、目に余るおかしな行動をとりだした善逸に、炭治郎が生活の指針を与えて注意やフォローをしてくれたのは、とても良かったなと思います。

関連記事→【感想】『鬼滅の刃公式ファンブック鬼殺隊見聞録・弐』

なぜか人気がある

へタレっぷりがものすごいのに、途中途中で「覚醒」してとんでもない実力を見せたり、義理堅い一面や深い優しさを見せたりするので、そういうギャップが読者に人気らしいです。人気ランキングでも常に上位入りしてます。

知り合いは「かわいい」とも言っていました。母性本能をくすぐられるのでしょうか?

わたしにはいまいちよく分からない、初期からの善逸の人気っぷりです。

[広告]鬼滅の刃 5(完全生産限定版) [DVD]