研究・考察

「胡蝶」という名前から作品の可能性を考える

「胡蝶(こちょう)」という苗字は現実にはないそうですが、古典ではときどき出てくる単語です。

有名なところでは、

  • 「胡蝶の夢」という荘子の説話
  • 『源氏物語』の第24帖「胡蝶」
  • 「土蜘蛛(能)」の登場人物

などがあります。

「胡蝶の夢」

「夢」と「現実」は区別が出来ないものであり、どちらが本当かも分からない、という説話です。

自分が蝶になった夢を見ていて目を覚ましたが、今の自分は蝶が見ている夢なのかもしれない、というお話です。「胡蝶」は「蝶」のことです。

『源氏物語』「胡蝶」

光源氏が養女として自分の邸にひきとった、玉鬘(たまかずら)という女性とのお話がメインの巻です。

玉鬘はかつての恋人の娘で、実は親友の娘でもあります。そんな彼女に源氏は惹かれるのですが、そこはぐっと我慢をして養女として扱います。

またしのぶさんは誕生日が2月24日ですが、『源氏物語』「胡蝶」巻も24帖目となっています。偶然でしょうか?

『源氏物語』「胡蝶」巻のあらすじはhttps://flouria001.com/entry/genjimonogatari-24-kochou/に書いたので良かったらこちらもどうぞです。

「土蜘蛛(能)」の登場人物

源頼光(みなもとのよりみつ)が土蜘蛛を退治するお話です。

この登場人物で、頼光に薬を持ってくる人物の名前が「胡蝶」となっています。

まとめ

全体を通して、古典に出てくる「胡蝶」はどれも『鬼滅の刃』の世界観ともリンクできると思いました。

おそらく吾峠先生は、古典を学ばれたことがある、もしくは興味がある、のではないかと感じます。

そして、『鬼滅の刃』という作品を媒介とすることで、古来から伝わる日本文化や古典への学びを広げることができます。

また、関連する場所・地域へと実際に出かけたいと思う人の増加は、「聖地巡礼」による「観光ツーリズム」の高まりという分野へも広がります。

他にも、本作品は「漫画・アニメ」という枠内におさまらないたくさんの可能性を持っています。

高校や大学で卒業論文を書く方は、「鬼滅の刃」から着想を得てもいいかもですね(笑