単行本・アニメ

【感想】第10巻-人間と鬼【アニメ版「遊郭編」第6話~第8話途中まで】

原作第80話~第88話までを収録。番外編として「伊之助御伽草子」が収録されています。

「遊郭編」中盤が描かれており、アニメ版「遊郭編」第6話~第8話途中までの内容になります。

第10巻の目次と各話のあらすじ

第80話 価値

宇髄さんはかつてお嫁さんたちに「命の順序」について語りました。それは「お前たちは死ぬな」というもので、「くのいち」として命をかけることが当たり前だった彼女たちにとって、戸惑うものでもありました。

地下でまきをと須磨を労った宇髄天元は、伊之助のいうところの「蚯蚓帯(みみずおび)」を追って地上に出ます。

地上では炭治郎が上弦の陸である堕姫と対峙しており、ついに一般人にまで被害が及んでしまっていました。炭治郎は自らも怪我をしながら、かつてない程の鬼への怒りを覚えます。

補足

「命の順序」のエピソードは、アニメ版「遊郭編」第5話に挿入されました。

第81話 重なる記憶

原作では煉獄槇寿郎の「炭治郎への手紙」シーンから始まります。そこには炭治郎への謝罪と謝意、自分のこと、杏寿郎のこと、そして「日の呼吸」「選ばれた使い手」について記されていました。

炭治郎はすでにその手紙を読んでおり、そこに記された「痣」と自分の額にある「痣」は出来た経緯が違うので、自分は「日の呼吸」の「選ばれた使い手」ではないと感じます。

それでも「人にはどうしても退けない時がある」と、炭治郎は心を奮い立たせ戦いに集中し続けます。

その様子に、堕姫は「無惨の細胞が持つある記憶」が重なっていきます。

補足

炭治郎の目が血で染まっている様子、そして堕姫の動きをとらえられている様子、これってもしかして「花の呼吸終ノ型・彼岸朱眼」と、程度は違えど同じ原理なのでは?と思いました。

そしてついにアニメ版「遊郭編」第6話にて、無惨の記憶にある「謎の剣士」が登場。キャラクター名は「剣士」とだけなっていましたが、CVは井上和彦さんでした!わたしがまだ高校生だった頃から主役級を演じてらっしゃる声優さんたちがばんばん出てきます。豪華ですね!

『鬼滅ラヂヲ』によると、このシーンに限らず、炭治郎役の花江さんは原作の「コマ割」「セリフの吹き出しの切れ目」を意識しながら演技をされているそうです。

第82話 人間と鬼

炭治郎は「ヒノカミ神楽」で堕姫を徐々に圧倒していきますが、それもついに限界を迎えてしまいます。

堕姫が炭治郎にとどめを刺そうとしたとき、禰豆子が箱から飛び出しました。堕姫に流れる無惨の濃い血は、禰豆子の怒りを高めます。

補足

このシーンは珍しく、原作の方がもう少し詳しく説明されています。アニメ版では「堕姫のなかの無惨の血は、禰豆子が今まであった鬼のなかで一番濃い」というくだりはありませんでした。

第83話 変貌

やがて堕姫は禰豆子の変化に気付きます。禰豆子の傷の再生速度は上弦に匹敵するほどとなり、頭には角が生え、全身には文様が浮かび上がっています。その姿はまさに「鬼」。

補足

第83話では、無惨が堕姫に「禰豆子をみつけて始末するよう指示」した描写があります。このシーンはアニメ版「遊郭編」第6話にも収録されています。

また炭治郎と禰豆子の弟である竹雄が昔語った「禰豆子の危うさ」を語る場面が挿入されています。

第84話 大切なもの

禰豆子は堕姫を圧倒していきます。表情もかわり、禰豆子はまさに「鬼」になろうとしていました。「血」を求めて、人間にも襲い掛かってしまいます。あわやというとき、炭治郎がぎりぎりで禰豆子を抑え込みましたが、理性は戻りません。

そんなとき、禰豆子に血鬼術で燃やされて倒れていた堕姫が復活します。

緊張が走った刹那、宇髄天元がひょいっとあらわれ、次の瞬間には堕姫の頚が切断されていたのです。

補足

アニメ版「遊郭編」第7話はこの回からのスタートです。

禰豆子の血鬼術で燃やされた堕姫が「火」を恐れているシーンがあります。原作では1~2コマだけのシーンで、初見では気付かない程度の描写したが、アニメ版ではもっとしっかりと描かれています。

第85話 大泣き

補足

炭治郎と禰豆子のお母さんが歌っていた子守唄は「小山の子うさぎ」という、佐賀の子守歌です。

第86話 妓夫太郎

第87話 集結

第88話 倒し方

番外編 伊之助御伽草子

猪に育てられた伊之助がどうして言葉を喋れるようになったか、という理由が幼少期のエピソードとして描かれています。

伊之助は、幼い頃に「たかはる青年とそのおじいさん」の住む家で食べ物をもらったり、「百人一首」などを読み聞かせてもらったりしていました。

ふんどしに書かれていた自分の名前もそこで教えてもらい、たかはる青年(口が悪い)と言い争いをしたりしているうちに、言葉を覚えたそうです。

補足

伊之助はこのおじいさんのことを「おかきじじい」と名付けていましたが、今では思い出すと「ほわほわ」するそうです。

第11巻の感想へつづく

第9巻の感想へもどる