単行本・アニメ

【感想】第16巻-不滅【ネタばれあり】

原作第134話~第142話を収録。

「柱稽古編」終盤から「無限城編」序盤の内容になっており、途中に「悲鳴嶼さんの過去」が挿入されています。

以下、ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

第16巻の目次とあらすじ

第134話 反復動作

岩柱・悲鳴嶼のもとでの柱稽古が始まりました。滝行・丸太担ぎ・岩押し、の三つがその内容です。

補足

村田さんが再登場です♪炭治郎が合流した時点で、すでに岩柱のもとに10日いるそうです。

伊之助は魚の骨までボリボリと食べていました!すごい!!

炭治郎の”痣”も少しずつ濃くなっています。

また、”痣”の話はこの時点で伊之助にも伝わっているようです。他の隊士たちにも伝えられているのかも知れません。

それと、ときどき善逸のセリフで背景が黒くなりますよね。初見では気付きませんでしたが、深くてこまかいなあと思います。

関連記事→【研究】我妻善逸【霹靂一閃】

第135話 悲鳴嶼行冥

補足

悲鳴嶼さんの過去が描かれています。

沙代の当時の年齢が4歳で、今が14歳と幕間で書かれていることから、悲鳴嶼さんが初めて鬼と遭遇したのは17歳のときではないかと考えられます。

第136話 動く

第137話 不滅

第138話 急転

第139話 落ちる

第140話 決戦の火蓋を切る

第141話 仇

第142話 蟲柱・胡蝶しのぶ

感想

この巻あたりから、義勇さんがかわいいですよね。不死川さんもかわいい雰囲気に変わってきたし、全体的に絵柄が丸っこくなってませんか?

初期の精悍な感じも良かったけど、このあたりからの絵柄も好きです。

内容がシリアスになってきたから、わざとそうしたのかなって、想像してます。

義勇さんの歩く音も「てちてち」になってるし、「ムフフ」と笑ってみたり、炭治郎に心を開いて前向きになってからの義勇さんは、本性を現したって感じです。

これまで「感情を制御」して表に出さないことで鍛錬に集中してきた義勇さんですが、本当に「感情を制御」するというのは、自由自在に感情を出したり引っこめたり、自在にコントロール出来るようになる、ということなんだろうなあと思いました。

関連記事→【研究】”水柱”冨岡義勇さん【心に水面を】

第17巻の感想へつづく

第15巻の感想へもどる