その他

【書きかけ】『鬼滅ラヂヲ』各回のゲストと概要

藤村咲妃
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

※ただいま書きかけのメモ状態です

 レギュラーパーソナリティは花江夏樹さんと下野紘さんです。生放送ではなく事前収録ですが、あまり事前収録っぽく感じないのも魅力です。

 放送後はradikoにて7日間のタイムフリー聴取期間あり、約10日後からはYouTubeおよびインターネットラジオステーション<音泉>にてディレクターズカット版が無料配信されます。

 無断転載のYouTube配信動画が多いので、視聴は是非公式からお楽しみください。

「鬼滅ラヂヲ」放送履歴
  • 2019年2月27日放送開始。2022年2月26日(土)でいったん2度目の最終回。
  • 2023年4月2日(日)19:00~19:30よりニッポン放送さんにて再開そして再び終了。
  • 2024年5月12日(日)19:00~19:30よりニッポン放送さんにて再開。第2回は5月18日(土)19:00~19:30放送。毎週土曜or日曜日の放送となります。今回は”柱”キャストがパーソナリティを務める会もあるらしく、それも楽しみぃ。
公式サイトご案内

『鬼滅ラヂヲ』YouTube配信WEB版

 主に公式アニプレックスチャンネル様のディレクターズカット版からのご紹介です。各回30~40分ほどの内容で無料配信されています。

第1回~第10回

第1回

2019年2月27日放送開始。

2018年10月頃から本編のアフレコを開始した話。いまどきでは珍しく早い収録開始で、絵もちゃんとついていたそう。制作に前年からずっとかかりっきり、という力の入れようだったそうです。

雪山ロケハンでスタッフが遭難しそうになった話。オーディションについて。初回の禰豆子が緊張していた話。

第2回

キャラクターについて。

公式Twitterアカウントに花江夏樹がブロックされた話。

第3回

2019年4月3日。まだTVアニメ放送開始前

「情報漏洩したら降板させられる」発言by下野紘

第4回

第1話は時間をかけた話。最初のシーンは何テイクも。受けたディレクションについて。

第5回(ゲスト:鬼頭明里)

オーディションについて。

第6回(ゲスト:鬼頭明里)

第7回

浮世絵を動かしたらどうなるかという仮定でつくられたアニメ。

第8回

第9回(ゲスト:鬼頭明里)公開録音in徳島

第10回(ゲスト:鬼頭明里)公開録音in徳島

第11回~第20回

第11回

第12回

第13回

下野さん遅刻回。スタジオ変更の連絡を聞き洩らしていつものスタジオに行ってしまったらしい。

第14回

善逸登場回について

第15回

花江夏樹さんお誕生日。

下野さんへのディレクションがほぼない話。血液型の話。

第16回

アニメ第12話について盛り上がる。

第17回(ゲスト:加隈亜衣)

下野さんお休み回(舞台のため)。

第13話の話題。

第18回(ゲスト:松岡禎丞)

下野さんお休み回。

伊之助の演じ方について。最初は悪い印象で演じたこと、頭突き以降第二段階に移行したことなど。

善逸はアドリブで叫びまくっている件。

第19回(ゲスト:松岡禎丞)

下野さんお休み回。

蜘蛛役のキャストの話題。

松岡さんが収録で席に座らない件で花江さんに注意される。

第20回

2019年7月27日収録。鬼殺隊激励会を終えてからの収録。

千葉繁さんリスペクトの下野さん。善逸は千葉さんの『北斗の拳』予告からイメージ

第21回~第30回

第21回

アニメでしのぶさんが助けにきたあたりのお話。

下野さんと松岡さんのやりとりはどんな感じなのかについて。

松岡さんアフレコ中にほぼ過呼吸状態。

第22回(ゲスト:松岡禎丞)

花江さんお休み回(京の御仕事のイベントも兼ねた夏休みのため)。松岡さんは前日スケジュール入りでの参加。

伊之助について語る。

感想として、全体的に落ち着いた良いお話をしていた。

第23回(ゲスト:松岡禎丞)

花江さんお休み回。

第20話について。下野さんも松岡さんも本編を観ていないのに語らなければならないという状況に。ゆえに?ちょっと短めの放送です。

第24回

花江さん復活。

いろいろなイベントのお話から始まり、第19話を熱く花江さんが語ります。

セリフ・演出のことから、アニメと原作との描写の違いまで、花江さんがマニアックに語りまくっています

第25回

柱たちのキャストについて放送解禁

累のお話。

女隠のキャストの東条日沙子さんは、那田蜘蛛山での女隊士・尾崎さんの演技が良かったことから再キャスティングされたそう。

単発出演の鴉A・Bのキャストも豪華。

第26回(ゲスト:鬼頭明里)公開収録

Blu-Ray&DVD第1巻封入の応募券当選者たちを呼んでの公開収録。

炭治郎が行っていた町にはロケをして参考にした町があるらしい。どこかな?

第27回(ゲスト:鬼頭明里)公開収録

第28回

第29回

第30回

第31回~第40回

第31回

第32回

第33回

第34回

第35回

第36回

第37回

第38回

特別編(ゲスト:鬼頭明里)

2020/5/10WEB公開。リモート収録。花江さんは今日はパジャマで収録してるらしい。

徳島での「街アソビ」イベントが流行病で中止になったため、急遽「鬼滅ラヂヲ」に変更。

下野さんは今年で40歳。

第39回

第40回

第41回~第47回

第41回

第42回

第43回

第44回(ゲスト:平川大輔)

 劇場版「無限列車編」公開。魘夢役の平川大輔さんがゲスト。鬼側のキャストでは初の登場です。

 柔らかくて優しくてでもダダこねる平川さん、すてき。平川さんの魘夢役はまさにはまり役でぴったりだと、わたしはずーっと思っています。

 平川さんが魘夢を演じるにあたっての役作りについて語っていらっしゃいます。演技・表現って深くて面白いですね。

 手の声は、最初はもっと低く演じたけれども、「普通で」というディレクションが入ったのだそうです。

 下野さんは、みんなも言っていましたが、たしかに鬼滅が始まってから普段からの善逸感が増しましたよね。

 ちなみに猗窩座や石田彰さんのことは、映画公開まで存在はシークレットでした。

第45回(ゲスト:日野聡)

 下野さん、富士登山がしたいらしい。

 煉獄杏寿郎役の日野聡さんがゲストです。

 「無限列車編」映画公開中につき、まだまだ語れない部分も。舞台挨拶のときのお話。上映後にする舞台挨拶は、内容を考えるとたしかに難しそう。

 日野さんの「柱」たちに関する第一印象について。アフレコでやばかったシーンについて。など。

 「夢」のシーンついてはとてもよく考えたらしい。花江さんのセリフの後に感極まって声が出なかったときも。

 煉獄vs猗窩座のときはまだ掛け合いでの収録が出来たので良かったそう。もう少しずれていたらウィルス対策で分散収録になっていたかも。

 日野さんの声は、笑い声が気持ちよく、暖かいと思いました。なんか、頭ひとつ抜けた一流感を感じてしまいました。

 日野さんが自分の子供に「怪獣やっつけてくる」と言って姿を消し、自分が声をあてている戦う映像を見せて信じさせだましたお話も良き。

 2021年2月の「鬼滅祭」の告知あり。詳細はまだ秘密っぽい。

第46回

2020/12/21放送。今回は環境的な要因か、音が反響して聞こえます。

第47回

第48回~第60回:TVアニメ版「無限列車編」「遊郭編」開始に合わせて再開

第48回

 9か月ぶりに復活。今回からニッポン放送さんにて放送。

 10月10日からTVアニメ版「無限列車編」、12月5日から「遊郭編」が放送開始されます。

 製作意図などを紹介。

第49回

第50回

第51回

 ハロウィン前日の放送。10月31日は宇髄天元のお誕生日でもあります。

 下野さんと小西さんの誕生日は同じ4月21日で血液型も同じくB型。

 TVアニメ版「無限列車編」第1話の収録には咳だけのために来た江口拓也さんの姿あり。

 下野さんの「背水の陣」の話は、初主役をゲットしたオーディションのときのお話。「これでダメだったらもう事務所も声優も辞めよう」と覚悟を決めて受けたらしい。

 花江さんは「鬼滅の宴」朗読劇で舞台袖に灯りが無くて台本の確認ができず、反対側からは櫻井さんが既に登壇し始めていたため焦って「灯りをください」と言ったら、マイクが生きていて、客席に声が流れてしまったらしい。

第52回

第53回

第54回

第55回

第56回

第57回

第58回

第59回

第60回

第61回~第68回

第61回(ゲスト:松岡禎丞)

「遊郭編」第5話の振り返り。

第62回(ゲスト:小西克幸)

宇髄天元役の小西克幸さんがゲストです。

第63回

第64回

 妓夫太郎&堕姫との戦いについて。

 節分の風習について、リスナーさんの体験談も交えて再度お話されています。

 「こっそり」やっていることについても語られていました。

 下野さんの若手時代の、鈴村健一さんとのやりとりなど。

第65回

第66回

第67回

第68回【最終回】

第69回~第80回:「刀鍛冶の里編」にあわせて再開

第69回

第70回(ゲスト:河西健吾、花澤香菜)

 2023年4月9日配信。「刀鍛冶の里編」放送開始当日の配信です。

 ゲストは”霞柱”時透無一郎役の河西健吾さんと、”恋柱”甘露寺蜜璃役の花澤香菜さんです。もんげーなテンションで始まりましたー。

第71回

第72回(ゲスト:浪川大輔)

鋼鐡塚蛍役の浪川大輔さんがゲスト。

浪川さんは先輩なのに先輩扱いされてない感じが楽しいかけあいです。

第73回(ゲスト:武内駿輔)

空喜(うろぎ)役の武内駿輔さんがゲストです。

第74回(ゲスト:武内駿輔)

第75回(ゲスト:岡本信彦)

 不死川玄弥(しなずがわ・げんや)役の岡本信彦(おかもと・のぶひこ)さんがゲストです。

 英語版の善逸役をやっているアレックスさんと会った話。

 玄弥のディレクションについて。

第76回(ゲスト:岡本信彦)

 6月1日は甘露寺蜜璃さんお誕生日です。

 「刀鍛冶の里編」第7話の振り返り。

 第7話は憎珀天が登場したあたりですね。キャストの山寺宏一さんには、クレジットを見るまで誰も気が付かなかったのではないでしょうか?

 玉壺の出す金魚の声は全部、鳥海さんがやっているようだ。

第77回(ゲスト:河西健吾)

時透無一郎役の河西健吾さんがゲストです。

第78回(ゲスト:鳥海浩輔)

 玉壺(ぎょっこ)役の鳥海浩輔(とりうみ・こうすけ)さんがゲストです。

 下野さんと鳥海さんはユニットを組んだこともあるそう。花江さんは、初めて主役を獲ったときに鳥海さんと共演したそうです。

 「刀鍛冶の里編」冒頭の上弦が集まるシーンは、陸(ろく)以外そろっての収録ができたそうです。

 玉壺はふり幅が広いため、演じやすく楽しかったそうです。大量の金魚?も全部、鳥海さんが重ねながら声を入れられたそうですよ。

第79回(ゲスト:花澤香菜)

第80回【最終回】(ゲスト:鬼頭明里)

竈門禰豆子役の鬼頭明里さんがゲストです。

第81回~:「柱稽古編」に合わせて再開

第81回

 約10か月ぶりの再開。WEB公開は2024年5月21日(火)から。

 今回は花江夏樹さん、下野紘さんに加え、鬼頭明里さん、松岡禎丞さんの4人がパーソナリティをつとめます。

 4人でワールドツアー上映の感想などを語ります。

 台北にて、松岡さんは早見沙織さんに臭豆腐を食べさせたらしい。タイでは浪川さんがやらかしまくった?らしい。

第82回

 「柱稽古編」第1話の感想を4人で語り合います。

 第1話で禰豆子と再会したシーンのアフレコで「下野さん、気持ち悪すぎるんで」と言われたときのことを語る下野さん。

 速水奨さんにあったときには「花江くん、この前鴉やってきたよ」と言われたらしい。

 「人生のターニングポイント」についても熱く語り合いました。花江さんの「家系ラーメン」はともかく、松岡さんの「石田彰さんとの出会い」など、とても興味深く拝聴しました。

 最近の台本はタブレットで見ることが多く、「鬼滅ラヂヲ」の台本も最近タブレットに変更されたらしい。

第83回(MC:小西克幸、櫻井孝宏)

 2024/5/25(土)放送。柱のふたりがメインパーソナリティ。

 いっしょにラジオに出たことはあっても、ふたりでMCは実は初めてだそう。聞きやすく内容も濃く、安定感もある配信でした。

 冒頭では舞台挨拶などのお話をされていました。櫻井さんの頭髪の白髪は「遺伝」なのだそう。髭は真っ黒のままらしい。

 TVアニメ版「柱稽古編」のふりかえり。鎹鴉の速水奨ボイスにはおふたりもびっくり。でもたしかに物語的に説得力はあるー。

 炭治郎のつきまといに義勇は「困ってる」けど「嫌じゃない」。うん。そうだね。この第2話で、櫻井さんは演じるのが楽になったそう。

 櫻井さんは「六三四の剣」の影響で?、小学校の頃は剣道もちょっとやってたらしい。小西さんは「キャプテン翼」でサッカー。

 その他もいろいろ話されていますので、是非ご視聴ください。

第84回(MC:小西克幸、櫻井孝宏)

 6月2日放送。しゃべりもさらに温まって、やっぱりこのふたりは上手いなーと思う放送でした。

 6月13日は櫻井さんのお誕生日。ついに50歳になられるそうな。健康第一で。お酒はほどほどにしながら楽しんでくださいです。

 「柱稽古編」第3話に関してのお話。

 櫻井さんは老眼鏡、小西さんは普段はコンタクトレンズ使用で、眼鏡も使うんだそう。

第85回(MC:河西健吾、早見沙織)

 珍しいMCの組み合わせです。楽しみ♪

 河西さんから始まるオープニング、やっぱ声とおりますね、びっくり。お仕事増えそう。早見さんも元気いっぱいで楽しそう!

 河西さんと早見さんのラジオ共演は初めてだそうです。

 舞台挨拶やワールドツアーの感想。気が付いたらあっという間に5分が経っていました。

 さて、今回は第4話の振り返り。無一郎くん回です。やはり紙飛行機は涙腺にきますよねー。

 早見さんのコーナー、趣旨がおもろくて良き。こういうの好きよ。

 来週はちょっとお休みが入って変則的な配信になるそうなので、要確認。

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました