外伝・ファンブック・スピンオフ小説・小説版

【無限列車編ノベライズ】「みらい文庫版」と「ジェイブックス版」どちらがおすすめ?【比較】

ノベライズ『無限列車編』は二冊出ていて、どちらを読んだらいいか迷いますよね?

二冊を読み比べてみましたので、ご購入の際の参考になれば幸いです。

どちらを選ぶべき?

二冊は対象年齢が少し違います。どちらも基本的なストーリーは(もちろんですが)同じで、紙書籍・Kindle版が用意されています。

シリーズ化もされている「みらい文庫版」の方がおすすめ

結論としては、みらい文庫版(小説・松田朱夏さん)の方がおすすめです。

こちらは対象年齢が低く設定されていますが、描写が丁寧で、初見の方にも背景が分かりやすいよう、補足が多くされています。シリーズ化もされていて、原作1話からを描いた単行本(小説)シリーズもあります。

既に原作や映画の内容を知っていてさらっと読みたい場合には、次に紹介する小説・矢島綾さんの方がストレートに感情が伝わってきます。映画の描写を忠実に再現しつつ細かい部分には補足が入っているので、まるで映画を観ているように、その感動を脳内で再生できます。

どちらもAmazonなどで試し読みができますので、中身を確認してからお選びになってみてください。

以下は、二冊を読んだ感想です。

感想:文・松田朱夏さんの『無限列車編』

この本の目次
  • 序章
  • 第一章 こんばんは煉獄さん
  • 第二章 無限夢列車
  • 第三章 目覚めろ
  • 第四章 刃を持て
  • 第五章 侮辱
  • 第六章 狭所の攻防
  • 第七章 悪夢に終わる
  • 第八章 だれの勝ちか
  • 終章

劇場版『鬼滅の刃-無限列車編』ノベライズ(小説担当:松田朱夏さん)

原作を読んだことのない子どもでも読める

ひととおり読んだ感想としては、原作を知らない子どもにも分かりやすいよう書かれています。

セリフはほぼ映画のままで変わりないですが、挿絵は多めです。映画のシーンからとられた画像が挿入されています。

また全ての漢字にルビが振られていて、子どもでも読みやすいです。

説明が丁寧

人物描写や状況説明、場所の説明が丁寧です。

大正時代についての説明も入っていて、作品の雰囲気をつかみやすくなっています。

感想

映画や原作を知らなくても読める、一本の読み物としてきちんと成立しています。目次も原作の各話タイトルをベースに構成されています。

この本を読めば、映画も観たくなり原作も読んでみたくなる、そんな小説です。

シリーズ化もされているので、もしお子さまに買い与えるならば、こちらの方が良いと考えます。

感想:文・矢島綾さんの『無限列車編』

この本の目次
  • 序章
  • 第一章 鬼の列車
  • 第二章 幸せな夢
  • 第三章 夢の終わり
  • 第四章 死闘
  • 第五章 炎柱・煉獄杏寿郎
  • 終章

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ(小説担当:矢島綾さん)

映画の感動をそのまま小説にした作品

ひととおり読んだ感想としては、映画の台本をそのまま小説に書き下ろした、という印象です。

挿絵は少なめで、映画を観た方なら映画のシーンがそのまま脳内再生されるつくりになっています。

文章も読みやすく、若干難しい漢字も使われているものの問題ない範囲です。子どもでも読める内容です。

映画内のセリフほぼそのまま全部再現されていて、そのときの登場人物たちの状況や心情、動きなどもしっかり再現されています。

心情描写の補足がされている

映画を観ただけではわかりにくかったシーンの補足がされていました。

炭治郎が煉獄さんと会話するときの心情、煉獄さんと家族の会話内容やそのときの心情、猗窩座の腕が太陽に焼かれて崩れ落ちていくところなど、映画の理解が深まるシーンがしっかりと描写されていました。

これを読んではじめて「なるほど」と思う方も多いと思います。

おそらく台本のト書きなども参考にされたのだと思いますが、ここまで違和感なく、映画をまるごとひとつの小説として完成させるのは素晴らしい技術と文章力だと感じます。

感想

基本的に映画の内容を忠実に小説にした作品です。動きや心情描写などは文章できちんと補足されているため、細かい部分の理解を深めることも出来ます。読んでいて普通に泣きました。

ただやはり表現が過度になりすぎないように注意されており、映画は越えていないなと思いました。映画のノベライズ版としてはほぼ完璧と言える作品です。

これを読んだら今度はまたじっくりと映画を観たくなります♪

まとめ

どちらも基本的なストーリーは同じです。

「みらい文庫版」は初見の方でもわかりやすいように書かれていて、漢字には全てルビが振ってあります。対象年齢は低めに設定されているようですが、大人が読んでも違和感はありません。

「ジェイブックス版」は映画を忠実に再現しつつ、細かい部分で心情描写や状況を補足しています。ルビは二回目以降は振ってありませんが、お子さまでもそれほど難しくはないと感じます。

もしお子さまに買い与えるのであれば、わたしは「みらい文庫版」をおすすめします。同シリーズも刊行されているので、その点もおすすめポイントです。

映画の感動に後追いを求めるのであれば「ジェイブックス版」ですね。文章がとても読みやすく、勢いでどんどん読み進めてしまいます。

どちらもAmazonなどで試し読みが出来ますよ♪