単行本・アニメ

【感想】第20巻-匪石之心が開く道【ネタばれあり】

第170話~第178話を収録。

「無限城編」の続きになります。回想シーンとして「厳勝と縁壱」が挿入されています。

以下、ネタバレを含みますので、本巻未読の方はご注意ください。

第20巻の目次とあらすじ

第170話 不動の柱

第171話 変ずる

第172話 弱者の可能性

上弦の壱との戦いは続きます。悲鳴嶼・不死川兄弟・時透の四人で対峙していますが、ぎりぎりです。

補足

幕間でアオイ直伝・尻叩きが、カナヲにより伊之助に発動されています。村田さんが大喜びです。

第173話 匪石の心が開く道

補足

悲鳴嶼さんの目は見えませんが「本質を見抜く目」だそうです。

第174話 赤い月夜に見た悪夢

補足

上弦の壱が最後に縁壱と対峙したのは、400年前だと述べられています。1500年頃のことになります。

第175話 後世畏るべし

補足

時透くんの覚悟に涙が出ます。若いのに霞柱にまでなっているのも納得です。

第176話 侍

第177話 弟

上弦の壱が人間だった頃のお話が描かれています。

第178話 手を伸ばしても伸ばしても

回想は続きます。

補足

幕間でキメツ学園の設定が載っています。今回は伊黒さん・悲鳴嶼さん・猗窩座・恋雪・童磨です。

感想

時透くんですけど、本当に黒死牟の筋肉のわずかな動きが、透き通って見えていたんでしょうか?そんな描写は全くなかったので、黒死牟の勘違いでしょうか?

見えていたとしたらいつから見えていた?もしかして初登場時からというか、生まれたときからすでに???

赫刀も発動させるし、天才ですか、やっぱり。

不死川さんが分析したように、「戦闘経験の少なさ」が悔やまれますよね。

初めて刀を握ってからまだ2~3年ぐらい、悲鳴嶼さんや不死川さんの1/3以下の経験しかないっていうことですもん。

第21巻の感想へつづく

第19巻の感想へもどる